SEO対策
プロフェッサーのラジコン?? 2010年03月30日
FC2ブログ

プロフェッサーのラジコン??

  : 

日々是精進、ラジコンは一日にして成らず! あきらめずにこつこつ練習しましょう!

エンジンのメンテナンス!! 


ご要望があったので、、エンジンのメンテナンスを解説したいと思います!


走行後、エンジンのメンテナンスは、必ずやっておきたいものです。
しかし、手馴れた方なら問題なくできますが、、

初心者の方は、エンジンをばらして洗浄することを躊躇する場合が多いようです!
なぜなら、ばらしてどのように洗浄すれば良いのか、、、
また、正しくエンジンを組むことができるのか不安になる!!


では、私なりのエンジンの洗浄方法を・・・・・


まずは、マシンから下ろしたエンジン外回りに付着した汚れを
パーツクリーナー等で、洗浄します。

その時、エンジン内にゴミが入らないように、キャブ、ニップル、排気口を塞いでください!
00洗浄_01 00洗浄_02 キムワイプで詰め物をします!

ほぼキレイになったら、アウターヘッドをはずしてインナーヘッドをはずします!
01アウターヘッド脱着後 02インナーヘッド脱着

インナーヘッドがはずれない場合は、そのまま無理してはずさないでくださいね=*^-^*=にこっ♪

次は、シリンダーを抜く作業です!
03スリーブ脱着 このように、インシュロックなど、柔らかいものを挿入します!
排気口側から、挿入してもOKだすハイ(^-^)/

この状態で、クランクシャフトをゆっくり回していくと、シリンダーが上に上がってきます!
03スリーブ脱着_01 判りますかぁ!? 

ある程度、上がったところでインシュロックをはずし、シリンダーを抜きます!
03スリーブ脱着_02

次は、コンロッド&ピストンをはずします!04コンロッドをはずす
この時、必ず抜けるポイントがありますので無理やり力ずくで抜かないように!!
また、外でやる場合は、絶対に落とさないよう細心の注意を払ってください!


その後、シャフトも抜いてください!

最初にやった、エンジン外回りの洗浄で落ちなかったケースのフィンの間のゴミを
ブラシなどを使って、除去します!!
05クランクケースをブラッシング なるべく丁寧に、エンジン内に入らないようにね!!

ばらす前に、やったほうがええかもね ((((((^_^;)


では、ケース内を洗浄します!
06ベアリングをクリーニング

パーツクリーナー等で、ブッチュ~~してちょ o(*^▽^*)oあはっ♪
これは、徹底的にやってください!!

キレイなティッシュを下においてフロントベアリングを洗浄すると
ティッシュにごみが落ちてくるので、、どれくらい汚れていたか判ります!!


指でベアリングを回してみて、、ゴリゴリ感がなくなるまでね!!!
06ベアリングをクリーニング_01 06ベアリングをクリーニング_02

ゴミが完全に除去されると、ベアリングのゴリゴリ感はなくなります!
もし、それでもゴリゴリしていたら、ベアリングを交換したほうが良いでしょう!!

07インナーヘッド&PC before ⇒ ⇒ 07インナーヘッド&PC after
インナーヘッドやピストンに付着したスラッジをピカールなどで除去します!
わたすは、ピストンは頭の部分だけのスラッジを落としますです。

横のところは、3回に1回くらいの割合でスラッジを落としますが、、
その時は、やさしく、無理せずに除去しますです!!
指先に少しピカールを乗せて、、スリスリして根気よく落とします ハイ(^-^)/

ピカールで、ピストンを磨くなんて、、本末転倒だと叱られそうですが、、
ゴシゴシ磨くわけではないので、、、、ご勘弁を m(_ _"m)ペコリ

本当は、ワコーズのリムーバーなんかを使ったほうが良いのですが・・・((((((^_^;)

では、キレイになったエンジンを組みますが、ベアリングにメンテオイルを注しておきます!
08オイルを注す

シャフトを押し込んで、、コンロッド&ピストンを装着します!
09ピストンを装着_00 この画像のようにピストンのスカートがない方が吸気側です!

絶対に間違えないようにしましょう!!

09ピストンを装着_01
上から差し込んで、、クランクピンにはめてください!!

シリンダーを挿入します!!
09シリンダーを装着_02 09シリンダーを装着_01 
画像のように、ピンとシリンダーの凹部分が合うようにゆっくり挿入します!

09シリンダーを装着_03
ピストンが、シリンダーにキッチリ入ったのを確認して押し込みます!

09シリンダーを装着_04ed ここが、ずれない様に細心の注意を!!

バックプレートも装着時に、上下を間違えないようにネ =*^-^*=にこっ♪
10バックプレートを装着_01
バックプレートのネジは、締め忘れに注意!!しっかり締め込みましょう!!

インナーヘッドを装着して、アウターヘッドを・・・・

11アウターヘッド取付け_01

アウターヘッドのネジは、あまりきつく締め込まなくてもOKです!

対角線上で、少しずつ締め込んでいきましょう!! 11アウターヘッド取付け_02ed

最後に、キャブからもメンテオイルを適量注しておきます!13キャブにもオイルを 
14キャブの動きを確認 キャブのスロットルがスムーズに動くか確認して・・・


ハイ(^-^)/ キレになったエンズンだす!
12キレイになったエンズン_00 12キレイになったエンズン_01 12キレイになったエンズン_02

わたすは、アウターヘッドのフィンの間も、キレイに掃除します o(*^▽^*)oあはっ♪


これで、次回走行時も、気持ち良くエンズンは回ってくれることでしょう!!
多分、、きっと、、おそらく、、、ネ !!       ((((((^_^;)




ちなみに、キャブレターは基本的にはずしません!!
OSエンジンや、最近のNOVAROSSIはインシュレーター仕様になっているので
そのインシュレーターが破損しているかも知れない時だけ、はずして点検しますです!!

あと、クランクシャフトにポッティングがしてある場合は、
パーツクリーナーは絶対に吹き付けないこと!!




以上が、わたすなりのエンズンメンテ方法で~~す ``r(^^;)ポリポリ



あくまでも、参考にしていただいて、、
自分なりのメンテ方法を確率していただければと思います m(_ _"m)ペコリ







何か、ご質問があれば遠慮なくどうぞ (*^-^)ニコ
また、自分はこうやっていると言うご意見があれば教えてくださいm(_ _"m)ペコリ









テーマ: ラジコン

ジャンル: 趣味・実用

メンテナンス  /  tb: 0  /  cm: 11  /  △top