SEO対策
プロフェッサーのラジコン?? PICCO12basicの慣らし・・・・
FC2ブログ
07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフェッサーのラジコン??

  : 

日々是精進、ラジコンは一日にして成らず! あきらめずにこつこつ練習しましょう!

PICCO12basicの慣らし・・・・ 

最北読者さんからのご要望により、、
PICCO12basicの慣らしのやり方をご説明しますですハイ(^-^)/

あくまでも、参考にしていただき、、
慣らしを失敗しないことを祈ります o(*^▽^*)oあはっ♪


では、、
まず、必ず、エンジンをばらして内部洗浄をします。
洋物エンジンは、必ずと言ってよいほど、、中に切粉が入ってます。
OSのエンジンは、切粉が入っていることはありませんが・・・・

稀に、コンロッドが外れないことがあります!
必ず、外れるポイントがありますので、、根性で外してください。

洗浄は、パーツクリーナー等を使います!
ベアリング内に切粉が入ってないか指で回して確認をします。
ちょっとでも、ゴリっていたら、ゴリ感がなくなるまで洗浄してください!

洗浄後は、しっかり組み上げてください。
この組み上げの際、よく失敗するのが、ピストンを装着する向きを間違えること・・・・
気をつけましょう (*^-^)ニコ
あと、ネジ類の締め忘れ、プラグの締め忘れ!!

慣らしですので、クラッチは通常走行と同じようにしないで
クラッチが低回転でもつながる様にセットしてください!!(これ結構、重要っす)

では、ベンチでのエンジン始動ですが、、
スターターのバッテリーは必ず満充電に・・・・・

火が入ったら、、エンジンが止まらないようにスロットルを煽りながら
メインニードルをゆるめていき、、、フルスロットルで温度が40度くらい のところまで、、、

これを1タンク!!
エンジンの回転は、不安定なので止まらないようにメインニードルを
常に調整できるようにしておいてください。
燃料がなくなりそうなところで、急に回転が上がるので注意!!

その後、実走に入ります。
実走できるように、メインニードルをマシンがとろとろ走るところまで調整します。。。
取り敢えず、その状態で1周走ったところで、温度を確認します!!
目安は、60度前後ですが、、60度になってなかったら、、
メインニードルを調整してください。。。
この時、エンジンがすぐに止まるようであれば、、スローニードルを少しだけ絞るか、
もしくはアイドリングを少し上げて、、止まらないように調整してください!!!

2タンクくらい走ったところで、、エンジンを止め、すぐに上死点の渋みを確認!
多分この時点で、、上死点の渋みは、、火を入れる前よりはかなり取れているはずです。

それでも、ガッチガチだったら、、そのまま1タンク続行します。

実は、この時点での、上死点の渋みの度合いが一番肝心なのです!
難しいところですが、、、、
まだ、渋みは残っているけど、、これくらいだったら、80度から90度くらいに
温度を上げたら、、渋みが取れているだろうと予測できるくらいの渋みです ``r(^^;)ポリポリ


ここで、温度が80度から90度くらいになるよう、、メインニードルを絞って走行!
1周走って温度を確認してくださいね!!

上記の『80度から90度くらいに』は、90度くらいに  訂正2010.07.20


で、2,3周走ったところで、、エンジンを止めすぐに上死点を確認!! (熱いうちにね)
たぶん、渋みはなくなっているはずです。

これにて、慣らしは終了です!!

もし、まだ渋みが残っているようでしたら、、もう一度60度くらいで1タンク!
その後、同じことを繰り返して、、確認してください!!


一度、エンジンを冷ましてください。
冷感時は、上死点がガッチガチのはずですが、これは気にしなくてOK!!

では、更に実走して、仕上げに掛かります。
クラッチは、通常走行時にセットして、、メインニードル、スロー、アイドルを
バランス良く調整しながら、、燃調を合わせます!!
スロー落ちが悪くならないように注意してくださいネ。。。
この季節は、、温度110度から120度くらいが目安です。

上記の『温度110度から120度くらいが目安』は、あくまでも外気温が30度以上、、
30度以下の場合はおよそ100度くらいで
訂正2010.07.20


ここから、エンジンは、、もうひとつ育っていきます。
育ったと実感する要件は、、必ず、途中でエンジンの回り方が変わってきます!
訂正2010.07.20


今後、走行させる時は、、常に温度管理を!!
そうすれば、自ずと燃調がバッチリ合うはずです。


『まだ、怖いから、、甘めの燃調に・・・・・
温度は、80度から90度くらいにしておきましょ!!』


これ、ダメっす!!

はっきり言って、慣らしの延長になってしまい、かえって寿命を短くさせてしまうです!




以上、、あくまでも私の経験値からです。
参考にしていただいて、、自分なりの慣らしの方法を確立させてください。

PICCObasicで、、この方法で失敗はしてませんので、、、ご安心を!



注意:
エンジンを洗浄する時、、コンロッドがどうしても外れない場合は、
仕方ないので、バックからパーツクリーナーでぶっちゅうして洗浄するしかありません!
コンロッドを外そうとして、壊したり、ピストンに傷が入ってもダメなので無理しないで・・・・


ちなみに、チューンドエンジンは、シャフトにポッティングが施してあるので
パーツクリーナーを使わず、、燃料を使って洗浄すると良いでしょう!



では、慣らしの成功を祈っております(*^-^)ニコ

    
ところで、上記の方法は、、
12エンジンであれば、すべてのエンジンに適用できます!

上死点が、めっちゃガチガチだったらベンチで3タンクくらい、、適詮に!

実走を5タンクから6タンクくらい・・・・・(あくまでも目安!)

上死点の渋みの確認は、まったく同じです!! 



慣らしのやり過ぎにならない様に注意しまひょ o(*^▽^*)oあはっ♪

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

No title

過ぎたるは及ばざるが如し・・・・

昔の人は巧いことを言ったものです。はっはっは(^^;;;

気をつけましょう。

URL | たく #-

2009/06/30 21:38 * 編集 *

No title

プロさん・・さすが適切なアドバイス!!

わたしめのえんじんは全て完璧です。
慣らしで失敗はありません・・プロさんのお陰!!

7基のエンジン全て完璧です。
エンジンには恵まれてます。(当たり)

URL | あさやん #muE1ILv6

2009/06/30 22:03 * 編集 *

あっ!たくさん、こんばんみ(*^-^)ニコ
慣らしをやり過ぎた、、、、、、、ことのある経験をお持ちでしたっけo(*^▽^*)oあはっ♪

なんちって (*^-^)ニコ

私も、この経験値を得るまでに、、いっぱいエンジンをダメにしたです(x_x;)シュン



あさやん、、おばんでやんす!

マジであさやんとラジ友みなってから、、
たくさんの慣らしをしましたね!
すべて、覚えてますよ~~~~~(T▽T)アハハ!

あさやんのエンジンは、全て当たりエンジンです!
慣らしも全て成功して、、良く回ってます。

今度、R3RCを思う存分回してくださいねぇ~~~

URL | プロフェッサー #pEZsW4qg

2009/06/30 22:38 * 編集 *

ありがとうございます

こんばんは。

とてもわかりやすく説明していただきましてありがとうございます。使用するタンク数の少なさには驚きました。ならしをするのが楽しみになっちゃいました。

7月中旬には結果報告もできると思います。これで日本一遅いNT1を返上できる日も近いハズ!?

URL | 最北読者 #-

2009/06/30 23:07 * 編集 *

NOVA系のエンジンとかで、数タンクベンチでまわしてもカミカミ王子の子がいますが、それでも実走に移っていいんですか?
90℃で行けそうな硬さ、メイン スロー アイドリングをバランス良く…
関心な所は結局感覚なんですよね。
今度は燃調講座もやってください。お願いします

URL | こばやし #-

2009/06/30 23:35 * 編集 *

シャシー

プロフェッサーさんこんばんは、やっと遅番勤務終了です。といっても今日一日の休みなのでメンテ進みそうにないです。話は変わって今DURAL-NのRRR用シャーシ予約中でしたので飛び付いちゃいました、エンジンと送信機購入伸びそうで御座います。

URL | EVO2みっちー #-

2009/07/01 01:35 * 編集 *

慣らし!

最北読者さん、、
お役に立てそうですね(*^-^)ニコ

PICCOは、早く済みますので、、マジ、やり過ぎに注意してください。
慣らし終了後も、、次回始動の時に、、ロックするかもしれませんが
気にしなくてもOKです。

結果報告を楽しみにしていますね (*^-^)ニコ

URL | プロフェッサー #pEZsW4qg

2009/07/01 01:38 * 編集 *

カミカミ王子??

こばやし君、、毎度です!
よっぽど硬いエンジンでもベンチは3タンクくらいで十分です!
実走に入ってかまいませんですハイ(^-^)/

で、実走の60度くらいが、肝心なんです。
以前は、80度くらいまで上げてやっていた時期もありますが、
この場合、めっちゃ時間と燃料がかかります!!

その肝心なところは感覚じゃないんですが
文章で説明するのは、、、、難しいです ``r(^^;)ポリポリ

燃調講座は、、ある程度は文章にできるかも・・・・
でも、メインを何回転だとか、、数値に関しては、エンジンの固体差が
あるので、、語ることはできないですm(_ _"m)ペコリ

今度、できるだけ解りやすいように文章にしてみますね!?



EVO2みっちーさん、、お疲れ様です!
DURALシャーシ、、いっちゃいましたか!!
今度、見せてくださいね(*^-^)ニコ

欲しいと思ったものは、、仕方ないよね!!
でも、プロポも、、かなり所有欲を満たしてくれますよん(*^-^)ニコ

URL | プロフェッサー #pEZsW4qg

2009/07/01 01:54 * 編集 *

No title

こんばんは~。

とても参考になります!

私もHPやブログを何年もやってきて、当初はプロさんのようなみんなに役立つ記事を・・・と思っていたものですが・・・結局つれづれなるままに日々のことをだらだら書き綴るだけ。

文章にまとめるのも大変だったと思います。
お疲れ様っす。
ありがとうございます。

URL | hirozo #NYTL6gI.

2009/07/01 18:40 * 編集 *

No title

hirozoさん、、ありがとうございますm(。_。;))m ペコペコ…

お役に立っているのか、、甚だ疑問です((((((^_^;)

なにせ、文章力がないので稚拙な内容になってしまい
恥ずかしげもなく、、書いておりますです。


でも、なるべく読みやすいように、、また
途中で、読み飽きないようにを、ちょこっとだけ考えてまぁ~~すハイ(^-^)/

URL | プロフェッサー #pEZsW4qg

2009/07/01 21:27 * 編集 *

ブレークイン

実走で6~70度位で走ってる時にエンジンがもっと回りたいって感じで回り出した時が一番テンションが上がりますね~!
素直に育てよ~っ(o^∀^o)
ってな感じでしょうか?

URL | ですヤン #-

2009/07/02 07:18 * 編集 *

ですヤン君、、、おはよ!
そうだよねぇ、、、

きっちり育ったエンジンは回しがいがあるです!!

URL | プロフェッサー #pEZsW4qg

2009/07/02 10:36 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://professormtx4.blog60.fc2.com/tb.php/1370-c805f3b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top